スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ヵ月ぶりの稽古でした。~エチュードと劇団ほぼ無職~

主宰の岩井です。今日は9月公演が終わってから1か月ぶりの稽古でした。
個人的には下北沢カレーフェスの準備のために4月からお休みをいただいていたので、実に半年ぶりの稽古でした。
半年で劇団員も着々と増え、とうとう300人を超えました。
今日は僕が半年振りに稽古に復帰することもあり、さぞやたくさんの劇団員達が迎え入れてくれるだろうと思い、期待に胸を膨らませていったところ、期待通り、たくさんの劇団員達が待っていてくれました。
1381289_753377554755235_1641917150677005455_n.jpg

写真は、稽古をするたくさんの劇団員達(3人)です。

劇団ほぼ無職ではエチュードという即興でお芝居をする練習をよくします。
これは元々は、素人が9割を占めるうちの劇団員が、初舞台に立ったときに、頭が真っ白になってセリフを忘れた際、周りが即興でフォローできるようにしておこう、という目的で始めた練習なのですが、他にもたくさんの効果がありました。

①見ていて面白い
 僕は立場上、スタートストップを仕切る役(演劇の稽古場で「はい!」って言いながら手をたたいてる人)をやることが多いのですが、基本、見てるだけなんです。たまに、自分でも演じるんですが、でも、この時は、見ていたいなぁと思ってしまいます。
つまらないものを見せられるくらいなら、自分で演(や)った方がマシなんですが、僕が演(や)るより、みんなにやってもらったほうが面白いんです。これは、稽古場に来てもらえればわかるので、気になる人は見学に来てみてください。たまに神がかって面白いお芝居が見れますよ。(追記:東京に来て、涙が出るほど笑ったのは上京して10年ですが、劇団ほぼ無職の稽古以外だと、あんまりないです)

②間がもつ
 劇団ほぼ無職の稽古はだいたいいつも2時間程度なのですが、2時間、不特定多数の人が集まっても、何してすごせばいいか分からなかったりします。次回公演が決まり、台本ができていれば、それをやればいいのですが、公演が終わったばかりで、次回公演の予定や台本がないと、正直、時間をもてあまします。そんな時、エチュードをやると、演劇の稽古をした実感も得られるし、時間もつぶせます。意外と時間がすぐに経ちます。

③満足感が得られる
 「役者になりたいという女優さんは性格が悪い」という言葉があります。悪いかどうかはおいておいて、「人前に出て、女優をやりたい」なんてことをいう時点で自己顕示欲がある程度ある証拠ですので、まぁ、そういった可能性も否定はできないでしょう。こち亀で両さんが似たようなことを言ってました。
 劇団ほぼ無職の劇団員の半分くらいは「一度、演劇をやってみたかったけど、他の劇団はチケットノルマとか練習が大変そうだからここにきた」という人です。
 なので、人前で何か、してみたいんですね。ですので、エチュードですと、出たがりの人は自分で役を作ってどんどん出れるし、ちょっとだけ出たい人はちょっとだけ出ればいいし、とセルフサービスで楽しめるところもいいのかなと思います。

④その他
 昨日の稽古に参加してくれたTさんが教えてくれたのですが、エチュードをすると度胸がつくそうです。Tさんは今年、他のちゃんとした劇団の公演に出演したのですが、そこにはちゃんとしたキャリアのちゃんとした俳優さんがたくさんいて、最初はびびったそうです。でも、劇団ほぼ無職でエチュードをアホほどやってきたので、稽古が始まってからは、そこまで緊張せずにできたとのことでした。あと日常生活でも、人前に出るときに、前より緊張しなくなった、とのことでした。

ざっと思いつくままに書いてみました。
エチュードの良さ、お分かりいただけましたでしょうか?
ごちゃごちゃ書きましたが、僕としては①に尽きます。面白いんですよ。特に、演劇を始めたばっかりの人って、いわゆる「お芝居」に染まってない人が多いので、その人自身の姿が見えやすいので。

・・・お知らせ・・・
劇団ほぼ無職では2015年1月の次回公演に向けて出演者を募集しています。
公演への参加費数千円(多くても5000円にする予定です)
チケットノルマなし。経験不問。未経験者歓迎。
興味のある方はこちら↓までご連絡ください。応募締め切り11/25(火)
hobomushoku(a)gmail.com←(a)を@に変えてください。担当:ウメノ

※劇団員は随時募集してます。募集といいますか、来たい人はいつでもどうぞ~、というスタンスです。お気軽に見学にお越しくださいませ。
スポンサーサイト

節分の形跡

鬼はー、そとー

福はー、うちー(。・言・)ノ≡∵



おはようございます

こんにちは

こんばんは

どうも、(自称)記録係の藤原です。



本日(2/3)は2月になって、初めての稽古です。

それぞれの戯曲に分かれて、稽古中です。

皆、自然と力が入ります!(o `∀´o)

舞台衣装をまとったり。

写真 2


期待度は上がるばかり!!

写真 3


笑わせてくれること間違いなし!

写真 4

「彼はこう見えても14歳」w



2月22日の本番をお待ちください!



写真 1


恵方巻き(カラ箱)

藤原冬輝です。

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。



どうも、お初にお目にかかります。

藤原冬輝です。

今年から、当劇団にお世話になることになりました。

同名でTwitterやっていますので御贔屓にー(小声

よろしくお願いします!(^^)/



自己紹介もほどほどにして、

本題に移ります。



さる2月22日に行われる下北沢演劇祭で、

劇団ほぼ無職は3本戯曲を上演させていただきます!(あぁ~、ぽん!



『大美賀舞伎』

『ピカピカ』

『乏しき心の凱歌』

の三本!

チラシも完成しています!



omote.jpg
ura.jpg





立稽古も始まっています(よっ!

練習風景をちょこっとだけ。



こんなんや(ぽんぽんぽん!



1.jpg








こんな感じ(デデン!



2.jpg





(歌舞伎やるので、歌舞伎的効果音でお送りしております。)



いかがでしょう?

当日をお楽しみに!

じゃんけんぽん!







(チョキ)

ふふふふふー
4.jpg

台本読み楽しかったです(^▽^)

おはよう?かな。いつもよくわからない時間に起きていますじろぽんです。

カナちゃんが「もりもとみきこさん」って実名アカして恥ずかしかったです(*ノノ)

それはもとより。

今回は3つも(!!!)台本を書いてきてくださる方がいて、
とーーーーーーーーーーーーーっても楽しかったです!!!!
私は基本的に朗読とか台詞よむのがだーいすきだし、
人のが読むのを聴いているのも好きなので至福の時でした*^^*

ふつう、劇団って脚本担当って決まってると思うんですよ。
でも「劇団ほぼ無職」はある意味(?)レベルが高くて、
誰かれなく脚本書き隊ということに、ちょっとびっくりしています。

まさかのカナちゃんまで!!!Σr(‘Д‘n)

と私は思いました。


1)くだん(若松くん)
2)劇団ほぼ無職あてがき(カナたん)
3)ゾンビ(村上)


の3択かな~~~って今夜も迷いに迷ってまだ眠れず今に至る(汗)

ぶっちゃけどれもよかった空こそ迷うのですが、一長一短がはげしすぎる(笑)。

新団長の若松君なんかギリギリまで書いている割に、
絵まで正確に描いているし(笑)


まあ公演する芝居なので細かいことはこの公ブログではかけないのですが(・×・;)

なんか、同じ役を違う人が演じると全然違うキャラになるんだな~~ってところが超面白かったです^^

7月20市までは日はないですが、
楽しく面白く、そして見ている人にも楽しめてもらえたたらいいかな~~って思います^^

私は今日はすっごく疲れてて、起きたのが4時だったけどいけてよかったです^^

集合写真もとれたしね^^v

興奮しすぎて眠れないのが若干のナヤミです^^;

眠剤倍量飲んだのになあ・・・。


今日一案嬉しかったことは脚本を書いてくださった志田さんが「森本さん声大きいね」っていってくださったことです!!!^^


それをかてに純米酒桃川グビグビのみつつ寝た友達が起きるのをまちますー^^;

タイミングと非現実性

こんばんは。

29日にバイトが入って、ガッカリしているワタナベです。

先日の練習の詳細はじろぽんさんが書いて下さってるのですが、台本は同じでも演じる人でまったく違うものになったり、ワンシーン毎に皆で立ち位置や出入りを決めて、やってより芝居らしくなっていく様子はかなり楽しいです!!

なので29日もさらにどう広がるのか楽しみにしてたのに、まさかバイトになるとはついてません。
どなたかが、詳細をブログに書いたのを読んでその気になるしかないなと思ってます。
そのくらい【劇団ほぼ無職】にはまっているわけですが、早いもので見学してから1ヶ月が経ちました。
まだ?もう?1ヶ月ですが、素敵な先輩も出来たし、皆さん個性豊かで楽しいし、一目惚れした方とも無事にメールアドレス交換させて頂いて今は下北沢デートを申請中と非常に好調です。
ここだけ、読むとなんかの青春ものみたいですが、皆それぞれなりに芝居を通して楽しく集まっているのではと思います。

歳も身の上も関係なく自由にいろんな人が集まるこの劇団ほぼ無職って本当に面白いなと思います。
(だからと言っても人見知り等は、発動するので上記のような心中のテンションと実際に出ているテンションにはひらきがあることをご了承下さい。でも、そんな私でも楽しくやらせて頂いてます。)

なんか、書こうとした話からえらく離れたので本題に入ります。

今日はパン屋でバイトしてました。
今日はセールの日なので、お店の外にも机を出して販売してたわけですが、今回はその外売りの担当になったので、ひたすらパンを袋に詰めて売ってました。
その時です!!
予感と言うかなんか感じるものがあったんでしょう。
ふと左前を見ると、ごった返した人の流れの中に彼はいました。
一瞬気のせいかとも思いましたが、あの風貌は間違いないと…。
名前を呼んでみると、彼も気づいてくれて近づいてきました。
他にお客さんがいたので少ししか話せませんでしたが、いつも練習で見る彼でした。
確か「この帽子はアイデンティティー」とか言ってましたよね?
ちゃんと普段も被ってましたね。
中野の商店街にすごく馴染んでると同時に妙に目立つ不思議さを兼ね備えた平成のスナフキン?Qさんは颯爽とブロードウェイに消えていきました。

自分の普段の生活という中にまさかこんな偶然があるとはな~となんか妙な感じでした。
Qさん何されてたんですか??
気が向いたら今度教えて下さい。


2013.422稽古☆

連投すみません(三回?かな なんか初めての人が書くといいと思うのですが、
いかんせん言いたいことが山ほどあって書いてしまってすみません 汗)

いや私的には一度しか参加したことがない人とか
言いたいことがある人がバラエティー豊かにブログ更新しているこのサイトって
とってもステキだと思うんです。
私は裏表なくて苦労してきた人間なんでたぶん言っていることは本当です(何)

前置きはさておき。

昨夜の練習について。いや~~~~~~~~~~~~~楽しかったな!!!
というのが本音です。どうたのしいか?は是非参加してくれればわかると思うので、
参加してもらえたらいいなと思います。モチロン相性もあるんであわない人はあわないし、
面白いと思う人は着たらいいなって私は思います。

先週の稽古がかなりゆるゆるダラダラでエチュードを何本かやったくらいだったし、着いて1時間はダラダラしているだけでマトモな練習がはじまらなかったから、今回は遅刻していったほうがいいくらいだわ~~と思ってゆるゆる出発したら一時間も遅刻してしまった(想定外 汗)

「劇団ほぼ無職」の稽古は
今は毎週月曜日の6時~10時。
場所は毎回変わるが、下北沢付近の公民館。
時間的にちょうどおなかがすく時間帯にいつも練習があるうえに、
昨日昼飯を食べてなかった私は
「腹が減っては戦はできぬ」と弁当を持っていったはいいのだが、
着いたらさすがに1時間もたってたからバッチシ練習はじまっていて、
食べるヒマがなかった・・・・(><;)
腹減りながら練習した・・・・゚・(ノД`)・゚・


遅刻に関しては、まあほぼ無職といえども完全無職の人はほとんどいないので(だって食えないもんね)仕事帰りだったり普通に遅刻してきたり、バラバラくるので遅刻をとがめる人なんてただの1人もいないし、
全く問題はないのだが。。。。ただ腹が減っていたのだ。。。

さて初めて行った梅ヶ丘の梅ヶ丘地区会館
http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1202/1236/d00004124.html
ここでいいのかなあ?でも会館っぽいから多分ここ・・・。
と心細げについたら、節電なのか真っ暗な玄関ホールに
髪の長い若い女性がいてビビったけど「あ、じろぽんさんですか?」
と聴かれて関係者とわかりほっと一息(´◇`)

で、押さえていた一階の小さな舞台もある和室大広間に恐る恐るはいったら・・・・。


つくなり、全員が唇をブルルルルルルしていてびっくり。
なんじゃあこりゃあ!?Σ(°A°;;;;)

ドギマギしながら説明をきくと
声帯を傷めないために喉を柔らかくする稽古だという。
うへえ、ほぼ無にしては超本格的やーーん!!!

指導していたのは元大劇団に所属していたK君。

途中からきた私にも丁寧に今まで何をしていたかも教えてくれて、
それもやらせてくれた。

やっていたのはかなり本格的に腹式呼吸。

K君の教え方は親切で、ひとりひとりにK君のお腹に手をあてさせ「鼻から吸ってお腹をふくらませ、口から吐いてお腹をへこませます。おなかが膨らんでるのがわかりますか?」とやっていた。

K君のお腹が妊娠したのか!?てくらいポコンと膨らんでて
すげえ!!!Σ(°A°;)と思った。
あんなに短時間で腹が膨らんだりへこんだのはみたことないのだ。

腹式呼吸、演劇部で相っ当やらされた私としてはすんげえ懐かしい。

それからアメンボアカイナアイウエオ、ではなく、
アイウエオイエアオウアエイウエオアオの五十音の発声練習もやり、
これまた私には懐かしいし、私、発声練習大すきー☆
声だすとストレスと感情の発散ができるんだよね^^


そんなわけでやたらと「劇団」!!!て始まりで
しきりと「うわあ今日は劇団みたいだね!」という私に
「いや、劇団だから!」とつっこむ人がいて「確かにそうだ(笑)」
と思った次第である。

その後ちょっと間があって、トミーQさんといういつもボサボサの帽子をかぶった一見してクセのある恰好をした放浪人風の劇団の音楽担当の1人が「曲作ってきた」というので「歌ってよー」というと歌い始めたがいいが、オリジナル曲だとおもいきや、まさかの「みんなの歌」からの「コンピューターおばあちゃん」(笑)しかもトミーさんの踊りつき(笑)
しかも世代的に解らない人が多くて、
私は知ってはいたけど、歌えるほどにはわからないので、
トーミーQさんの独檀上。しかも反応悪い。
「さあ サビ歌って!」というトミーさんに誰も歌わない(笑)
うん、これが「劇団ほぼ無職」の特徴と思う(笑)
よくいえば「マイペースが保てる劇団」
悪くいえば「指示待ち症候群&受け身」

劇団ほぼ無職は基本的にシュールで暗い友達いない空気よめない人が多い集団なので、みながら「ふーん」て感じの反応。
トミーさんは相当やりづらかっただろう(笑)

オリジナル曲もやってよーーて誰かが言ったら、
女性視点で恋愛についてストーリー性のある歌を歌ってくれて、
これまた・・・・どう反応していいのやら(笑)


まあ、ずっとトミーさんの唄聴いていても練習にならないので、
笑さんという方がもってきてくださった11人出演する短い脚本を立ち稽古で練習することに。

これがまたシュールな内容で舞台は「死んだ人間が消滅する前に集められる施設」。施設の決まりとしては、前世の未練を断ち切って「消滅する」と決心した人が書類提出すると消滅できるというシステム。

ところが前々からグダグダウダウダしていて消滅しそうになかった4人がいつのまにか消滅していて施設に居た人が騒然として管理人に詰め寄る。

いつまでも居続けて(400日とか)面倒くさいから施設側で勝手に消滅させたんたんじゃないの!?と。

まあそんな感じの芝居。7ページくらいだったと思う。

内容が面白いなーと思って誰が書いたんだろう?と思ったら、
もってきた笑さんがかいたわけではなく、その弟が劇団稽古で使っていた短編芝居を貸してもらってコピーしてもってきたそう。

その時点では16人いたので、11人って中途半端だなーと思いつつ、二回違うメンバーでやってみた。

そうこうしている間に、バラバラ人がきたり、創立者で元団長のいわいっちが到着。(実は僕、影でいわいっち♪って呼んでます。すみませんいわいさん)

劇団の頼れる魔女、キャサリン☆本田さん(☆は重要!)も仕事帰りで到着し、前回「次回はコピペしてもってきます!」と言っていた課の嬢が書いた「カレーナ姫の冒険」3ページくらいを10部ほどコピーしてきてくれたのでそれやろうよ!ということに。

これは去年と同じく下北沢カレーフェスティバル前に宣伝としてやるつもりでキャサリンさんが書いてきてくれたので一応ふせる(読み返してみたら全く内容ふせてなかった 愕然 汗)。

これも12人出てくる芝居なので(カレーナ姫、カレーマン、無職1~7たぶん7人のこびと風に、おまわりさん、魔女、鏡)

また何回か立ち稽古してみる。

さっきの立ち稽古は円陣に座っている端から適当に順番にやっていったが、今回は立候補制だったので、思い切ってカレーナ姫に立候補してみた(-”-)ゞ

「わたしの名前はカレーナ姫!!無職のみなさんこんにちは!」みたいなキャラで私からしたらやりやすいなーと思って(私のキャラ知っている人にはきっとわかるであろう笑)

明らかにオイシイ役なので、他にやりたい人いたら辞退しようかなと思ったけど、ほぼ無はみんなシャイで受け身なんで意外とやりたい役ゲットは感嘆だったりする。

まあそれでバラバラやってみたりして、お芝居ってやらないとどういう芝居なのかわからない部分が大きいので、ああなるほどこういう脚本なのね、とわかったりしていく。

で、花見のときに初めて参加したマジシャンで東大中途退学のニシ君が次に勢いよくカレーナ姫に立候補をして私は確か無職1~7役のどれかだったと思うんだけど、ニシ君のカレーナ姫にその場にいた全員が爆笑をこらえきれなかった(笑)

だって・・・・喋り方が・・・(笑)

「あらぁ!?もぅやだぁ!!!」みたいなかんじで。

いやあこればかりは本当に聴かないとわからないとおもうけど、
ニシ君の才能(?)を感じたね。
一度目のおまわりさん役(一言)でも声が面白すぎて、
爆笑を買ったくらいだ。

てか、すんげーーーーームカつくカレーナ姫だったんだよ(笑)

猫人間さん(リアル女子高生あがりの最年少)がボソっと
「アイツ、殴りたい」って言ったく

で、猫人間さんったら、練習中に本当に殴りにいってたからね(笑)

一応カレーナ姫は「愛されるキャラ」でねたんだ魔女がカレーナ姫を毒殺しようとしたりして、7人の無職はカレーナ姫の悲鳴を聴いて嘆き悲しんだり助けようとしたりする設定なんだけど、ニシ君がやっていたときは倒れたカレーナ姫をみて足蹴にしつつ台詞言ったり(笑)、なんで完全に殺さなかったんだろうねーとかえー助けたくないしーみたいな7人の無職になっていた(笑)

いやあ、演者によってストーリーの内容すら変わってしまうといういい例だったな。

個人的にはニシ君て小柄で今日もしっかりネクタイしめてスーツにめがねで一見真面目そうな外見なので、あんなに出来ると思ってなかったから超ビックリした。

なんかね「劇団ほぼ無職」にはそういう隠れた逸材が多すぎる。

たぶんねえ、ひとりひとりの人生だけで一冊の本になりそうな人の集まりだと見ていて私は思うなあ。いや人のことは言えない私なのだが(汗)


え!?地味にみえたけど!?と思った人がすごく台詞うまかったり、
でも演技が上手なことが存在価値ではない劇団なので、
ていうか自信があればここにはきていないわけで、
要領が悪かったり人間関係が上手く作れなかったり、
でもちょっと演劇がやってみたかったり、
無職で生きづらく自己紹介もしづらい人や、
精神や対人に問題を抱える人(って私じゃんね 汗)が
集まっているので、ああ、他にもこんなにいた(´◇`)
という安心感が大事だと思う。

とりあえず、昨日一番笑ったのがニシ君のカレーナ姫がムカつきすぎるキャラだったことと、あと生ビンタを見たことかなあ。

前述した腹式呼吸を指導したデキル役者のK君が「カレーナ姫」の脚本をやるとき本かいたキャサリンさんに指名されているなーと思ったら、鏡役の猫人間さん(声も大きいしアイディアも豊富だしアドリブもできるしおかっぱの19のお笑い大すきな女の子)と何やらヒソヒソと相談しているなーと思ったら、、、、、


魔女がカレーナ姫に嫉妬する場面で、カレーナ姫が美しいといわれ怒る魔女(K君)がまずキイイイイイ!!!って鏡をやわらかい何か棒状の物で殴ると、すかさず猫人間さんが、かぶせるように即マジビンタ(笑)
絶対アレはすごい痛かったはず(笑)

もう、パーン!!!( #・Д・⊂彡☆))Д´)と響き渡るような。

当然、会場バカウケ(笑)

あれはよかったな~~~(≧▽≦)

「いやあれは、ビンタしてくれって打ち合わせで言われたんで」と
猫人間さんは言っていたが、気持ちよかったろうな(笑)

その後か前かは忘れたけど、恒例の一応自己紹介とかもまわして
(劇団ほぼ無職は幽霊部員が多く、一応108人くらいいるので、
 初めてきた!という人も多いから自己紹介は一回まわしたほうがいいのだ)


私はなんだろうな、私のここでの存在感ってなんだろうな?と
思ったりはしていて、見ていて明らかに私より演技の上手な人も、特徴のある人も、脚本書ける人もいて、でもその中で、対人恐怖症である私が、「その他大勢(いやひとりひとりには『誰よりも出来る』ことがなくても個性があり意味がある)」を出来ることがACの私には訓練なのかなって思ってる。

特別でなければ自分には全く価値がないと思ってきたので。

前回は、緊張も大きかったし、次の日にかなり「死にたい」と思って
しんどかったけど、今回は練習中に「死にたい」って(いや本当に死にたいというわけでは全くなく、ただ単に『死にたい』というワードが頭の中をグルグルしていた)思えたから、ああ、筋肉痛が次の日ではなくその場できたからいいかなって思った感じがした。


私はすごい人が好きだし、すごい話しかけたり、場をどううまくもっていこうか?を考えたりするほうだけど、それは楽しくやりたいからで。

でもなんかあまりに責任感じなくても好きにやってればいいのかなって
昨日思えたのは収穫だと思う。

とりあえず。

参加できてよかった。

あとあんなに笑うと思わなかった・・・ていうか、私としては自負として多少演劇経験があり、素人には負けないぞ!というプライドがあるんだけど、ああそんなのどうでもよかったなって思った。

声がきこえたほうがいいとか、棒読みはマズイとかはあるけど、
人って全てその人にしか出来ない表現があって、
私は人が大好きなので、
それが前面に出れば面白いんだろうなって思うんだよね。

都市部の若者貧困問題ってかなり深刻で。
それをこういう形でつながりをつくったいわいっちは本当に偉いと思う。

結局のところいわいっちにしかほぼ無劇団員の全員の把握はできていないし、今日の自己紹介(みんな自信ないしシャイだし受け身だから)に対してひとりひとりコメンテーターとして解説していたいわいっちの存在にはその場にいた誰しもが助かっていた・・・・と思う。

言うのは安し。やるのは難し。
昨日はそれをすごく思った日であった。
なんか、たしかに体力もなく鬱で毎日ヒキコモリの私としては、
妄想膨らみすぎてしかもプライド高いので、
なんか「自分ならもっといい本書ける!」とか思ってたけど(恥)
実際に書いてきている人のほうが絶対にえらい。
ていうか私ちょっとこの劇団にあまりにも「いや役者より脚本書きたいんです」っていう人の多さに衝撃を受けている。
それもけっこう演技力ある人の中にも多い。
いいことだとおもう。すごく。
私的には、ああ、私価値ないかなあ・・・とか思っちゃったりしたけど、
いやいやいや、私もメゲずに書けばいいんだろうなーと思ったりした。


私としては出席するだけでOK☆と思って、
ハードル下げて出席していきたいな~~~って思ってます。

脚本書く上で「どんな人がどんな人向けにどういう見せ方をしたいか?」
って私は大事だと思っているので、
なんだろうな・・・・・・とりあえず「劇団ほぼ無職」に来ている人は、
創立者いわいっちをはじめ、背景や人物が個性的な人が多すぎるので、私が書くならドキュメンタリーは微妙に避けるけども、それを生かした脚本が書きたいなあとおもった。


とりあえず昨日も参加できて楽しかった^^

楽しいのが生きてる醍醐味だもんね!!!!!!


そうだなあ・・・・本当に魅力的な人が多くて
私としてはとても楽しいから いいと思う。

(てか新団長若松君が昨日誕生日で 欠席しますってMLに書いていたが、
 めさかわいい彼女と過ごしてたんじゃね!?という劇団員の妄想が炸裂していた笑 そんな理由で団長が休むのが ほぼ無クオリティ)

4月15日の劇団練習の感想★

どうも、じろぽんです。
初めてココに投稿するのでめちゃ緊張しています。
そう、いつもミッフィー持ち歩いているアノ痛い人です(´∀`;)ノ

去年の秋以来、久々の「劇団ほぼ無職」の稽古、
ドキドキしながら行きました。

体調も思わしくないし今日は「稽古に行けたら合格!」
という気分だったんだけど、行って本っ当によかった。
去年の10月のカレーFESの短編公演前に練習に通った懐かしい代沢東地区会館にテクテク通う線路沿いには菜の花がびっしり咲いていた。
あのときは秋だったからなあ。。。

午後6時~午後10時の稽古と聴いていたので5時50分くらいについてそれらしき人がいるけど声かけづらかったのでトイレに行って帰ってきたらやはり「劇団ほぼ無職」員であった。

3人で和室に入り、離れて座って、シーン・・・(((°A°;)))

おもむろにコンビニおにぎりを食べ始める私。

ああ、この「誰も話しかけられない感」懐かしいなあ(笑)

新団長の若松氏が6時に来るから大丈夫と思ってたけど、
6時半に遅れて来ると新しいML情報では流れていたらしく、
30分は新しい人がきてもなんだか「・・・・」て感じで、
しかも皆、離れて座る(笑)

私は「仲良しグループ」は超苦手だけど、
「人見知りの人」と話すのはわりと好き♡

「ああ、皆『どうしよう何か話したほうがいいのかな』って思ってる」と思うと、とおってもほっとする(´◇`)ー3 ←ダメっぽい。

ヒソヒソこそこそ話す中に、
元大劇団に居た人の貴重なトラウマ体験も聴けて「ええええ!!へええええ!!」と静かにかなり盛り上がった。
人に歴史&ドラマありだねえ。

まだ団長もついてないのにだんだん人も増えてきたし、
その人たちの中には前の長時間の公演「バーレスQ」に出た人もちらほら。

元団長そして創立者いわい氏が「最近は毎回10人以上きてますよ」って言っていたが本当だ!!!と思った。

出席率が悪いのもこの劇団の特徴で、
去年の秋ごろ本当にすごいなー・・・てかこれでやるの?と思ってたから、こんなに実働人数増えたんだ!!と感動した。

しかし皆さん受け身な(というか初めての人も多かった)ので若松氏が来るまで談笑のほか何もできず。

団長がきた!!と思ったら団長も
「今日は指示をするテンションじゃない・・・キャサリンさんが来てくれれば」などと、とーっても頼りない発言をする(笑)

さすがだ、さすが「劇団ほぼ無職」!! *:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆

でもなんだかみなさん体調が悪いようで若松氏も「今日は太陽の黒点が・・・」とか猫人間さんも「私も今日は家でて二歩目で足をくじきました・・・」とか言ってて、そうか、私だけじゃなかった *:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆とますます上がり(?)

しかし、エチュードをやりはじめて、演技しだすとだんだん盛り上がってきて、いや、盛り上がるというより爆笑に包まれていった。
「カレーナ姫と爺やとカレー屋とカレーに文句つける客」
「柿の種中毒の母親に文句をつける息子と母親の再婚相手の浮浪者とその友達の浮浪者」
「女子チームレッツゴー!!アタックナンバーワンごっこ」
などなど。
いやはや。
なんていうか(笑)

アタックNO.1の主題歌がちゃんと歌えない自分にちょっと驚いた。
キャサリンさんと同世代なのになあ。

今日はTV取材(いわいさんへ)の放送作家の人やプロデューサーの人やその間を取り持つ仕事の人もきていたし、
初めて来た劇団員も数名いたし、総勢20名以上(!)いた。

なのにグダグダであった(笑)
若松氏いわく「いや、いつもはもっとしっかりしてるんですが、こんな時もあるんです・・・・すみません」という感じ。


新団長の若松氏が突然「知人もつれてきます」ってMLで書いていたので、
どういう知人?彼女???でも彼女を「知人」って言うのも、
彼女に対してどうなん?・・・とか不思議がってネタにしていたら、
沖縄在住の彫刻家とその彼女が現れて、
若松氏の大学の先輩であるというΣr(‘Д‘n)

え、、、、先輩ってことは大学が一緒で・・・沖縄で・・・
「若松くんは沖縄の○○大にいて油絵専攻だったんだよ」とその人に言われ、再度ビックリ!!沖縄の大学!!
道理で知人に沖縄人が多いなあ…と思ってたんだ!!

そしてその先輩に「え、知らなかったの!?」Σ(°A°;)ノ
と逆にめちゃくちゃびっくりされる始末(笑)

若松氏がエヴァンゲリオンみたいなロボットの巨像をダンボールで制作していたという過去にもビックリ。いやあ似合いすぎる(何)。

まあ・・・・この劇団は、過去がナゾな人が多すぎるんです。
団長ですら、、、(。・ω・)(・ω・。)ネー

私だって、、、、(汗)

エチュードやった後はトミーQさんが持ってきてくれた
詩の朗読を、次やる人を前の人が指名する方式でひとりひとりやったんだけど、この詩がすごくいい詩ばかりで、ドビックリした。

書いた人は10年くらい前に高校生の時に書いた詩らしいんだけど、
ももいろのひよこ、とか金色の金魚とか、表現できないけど、
感覚的な世界観があるんだけど、普遍的なテーマがあって、
詩って書く人が同じだと全部同じようになりがちなのに、
方向性が違う詩がたくさんある・・・・ナニコレ天才?と思った。

そして、私が回ってきたとき読んだ詩が
「カタストロフ」という詩で、
「毎日学校に通っていても無意味で、
 毎日毎日教師に強姦されているのだ私たちは」
・・・・みたいなとても今の私の心情にマッチしてしまった詩で、
素がでそうで(いや出てただろう。泣きはしなかったが)、
非常にヤバかったTT

「世界なんて天災にみんなのみこまれてしまえばいい」という感じの終わり方の詩で、
そこをニッコリ言うのがいいかな?とか思ってやってみたが、
いかんせん、人前で演技するのが久々なので足も声も震えて
ダメダメでした(((°A°;;)))

てかみんなシーンとしてて怖かったよう・゚・(ノД`)・゚・ 

アタックナンバーワンもミッフィーと一緒だからやれたようなものだし・゚・(ノД`)・゚・ 

笑ってもらえたけどきっとミッフィーのおかげだ!!゚( ゚இωஇ゚)゚

今日わかったこと:やはり家で妄想しているのと外は違う!!

人と関わり合ってやり合うことは、想像をはるかに超えている!!

リアルはいいね。

がんばって行った甲斐があった。

若松氏創作の「劇団ほぼ無職テーマソング」

わたしたちは
職もない~
友もいない~
何もない~
でも生きているんだ~♪♪

みたいな歌詞の唄がすっごくよかった!!!!

あれ、全員でコーラスして歌えるとかなり楽しいだろうなあと思った(*≧▽≦)ノシ

また次回もいけるようにがんばろう。

じろぽん拝

追記:投稿初めてではなかったです。花見も書きましたね。緊張して嘘ついてごめんなさい(汗)

テレビ局とお笑いと脊椎動物の中でいちばん可愛いあの子と…そして…

はい☆キャサリンデスヨ☆

ほぼ連投ってどうなんだろう?と思いつつ、またもやのワタクシめの更新!
ご容赦下さいまし。

つかタイトル長いですね。
すいません。

4月11日分の出来事であります。

それでは…。

その日は某テレビ局が新人研修の名目で「ほぼ無職」の練習を撮影に来ていました。
そんなんで、穴の空いた靴下は厳禁でした。

その日の練習メニューは…。
自己紹介
お笑いトリオ、アカテンのネタ発表
台本の読み合わせ
エチュード

…で、ございました。

そして今日も今日とて、見学の方が二名見えました。

テレビ局に見学の方二名!!

緊張しますわ~。

アカテンのネタ発表は、なかなかにきちんと作られていて面白かったです。
テレビのカメラの前だったから緊張したんだろーなー。

台本読み合わせは、最初にペアを決めてそれぞれで練習して発表しました。

台本はこう言っちゃ何なのですが、ちょっと難解な話でどうしょうか?って感じなのですが、役者が演じると立体的になると言うか体温が感じられると言うか説得力が増す…と言うか、何だか不思議な感覚になります。

ワタクシが元々知ってる台本だからなのかも知れないけど…。

エチュード。
エチュードは最近収集つかなくなっていると言うか何と言うか…(笑)
常に1つのキーワードが爆発している様な気がします。

でも最初の頃は続かなかったりしたので、大分表現力が増して成長したんだなぁ…と思う事にしました。

そうだよね?

そんなこんなで何時もとは勝手の違う練習に少々疲れたりしつつもサイゼリヤに行こう!!と言う事になり、有志で行く事になりました。

が、いわいさん以外はみんな女子!!


若干、いわいさんが気まずそうでした。

「何食べるー?」
と女子会的にキャッキャウフフと注文をしていると…。

お家に帰ったはずの若松君が登場。

どうしたのさー?って言うと「彼女連れてきた」と。

な…何だとー!?

それ何てサプライズ?

ウヒー!!若松君の言う所の、脊椎動物の中でいちばん可愛生き物に君臨する女子!!

ウヒー!!

はい…可愛かったです。

若松君のカノちゃん。

何か、どう言えば良いのか解りませんが、とにかく可愛かったです。

若松め、やるじゃねぇか!!

脊椎動物の中でいちばん可愛い女子に沸き返っている頃、三沢さんがTwitterでゲロに関するツィートをしていて、別の意味でまた沸き返る無職女子!!

ワタクシもニヤニヤしながら三沢さんのゲロツィートを見ていましたが、その時はまさか猫のゲロが家に待ち構えているとは思いもよりませんでした…。

そして、脊椎動物の中でいちばん可愛い女子に出会えた余韻と興奮から勢い余って「オハヨー」を観ました。

オハヨーは説明すると、若松君主演の映画でカノちゃんも共演している映画です。

いやーすんげー作品でした。

カノちゃんの可愛さと若松君の狂気っぷりを楽しむ作品なんだと思いました。

まぁ…長くなりましたが、この辺で。

若松君とカノちゃん見て恋がしたくなりました。

あと、無職内でのカップル誕生も何気に楽しみ…と言うか期待していたり…(笑)

ではでは。



劇団っぽかった!!

はい☆キャサリン☆本田デスヨ☆

☆ばっかりキラキラ…いや…ギラギラしててすいません。

昨日は初めての場所で練習でした。
中々に近代的で洒落た建物でビックリしました。

はい…で、肝心の練習はと言うと、1つ前のワタナベさんの記事を見て下されば全部解ります。

いやいや…。

ワタクシめが大昔に養成所にいた頃に使っていた男女二人芝居用の脚本を使いました。
引っ越しの際に出てきたので、再利用してやりました。

まずは一通り目を通して、その後適当に読み合わせました。

しかも、今日はワタクシがネタを提供したという事で、ワタクシが仕切りました。

ヒイ!!緊張した。

その後休憩を挟み、アミダでペアを決めてそれぞれで練習して発表しました。

ワタクシの相手は村上君でした。

それぞれの持ち味が出てて、なかなかにオモムキがあって、たまにはこういう練習も良いんじゃないかなぁ…と思いました。

「今日の練習つまんねぇ!!」
とか言われたらどうしょうか?とか思っていたので、割と好評で良かったです。

真剣に脚本に目を通したり、読み合わせしたり、ペアで練習したり発表したりで、何時もと違う雰囲気で、何だか普通の劇団っぽいなぁ…って思いました。

最近はエチュード中心でわいわいやっていたから、そのギャップがかえって新鮮でした。



…以上。

Photo

どうも笑です。
文章を書くのがうまくないので何気なく撮ってきた写真でも載せていこうと思います。

▼元座長いわいさん
IMGP0520.jpg
DSC_0783.jpg
IMGP0563.jpg
顔に似合わずいろいろやらかします。


▼とある日の練習風景
DSC_0693.jpg
20130127_222835.jpg

平野さんでメイクの練習をさせていただきました。


▼バーレスQ前日のイベントにて
20130223_175446.jpg
20130223_225416.jpg


▼当日
DSC_0896.jpg
DSC_0883.jpg
20130225_003537.jpg
IMGP0562.jpg


こんな感じの愉快な仲間たちです


プロフィール

Author:hobomushoku
劇団ほぼ無職とは

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
現在の劇団員の数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。